在宅医療サポート事業(地元医療機関の皆様と)

目的

「通院が大変になってきた。でも、かかりつけ医は変わりたくない」
由仁町立診療所は副主治医として主治医(かかりつけ医)による在宅医療をサポートします。
主治医が対応できない時(例えば夜間や休日)の「困った」には副主治医が電話相談・往診で対応致します。
 かかりつけの先生と由仁町立診療所が手を取り合うことで、かかりつけ医の負担を軽減しながら、
 地域の皆さんが病気や障害を抱えられても住み慣れた地域で暮らしてゆきやすい社会をめざします。

概要


対象地域

よくあるご質問

Q 在宅医療サポート事業の依頼にあたり、由仁の外来受診の必要性はありますか?

A 必要ありません。説明が必要であれば、相談員が自宅・病院へ御説明に伺います。

Q 在宅医療サポート事業の依頼にあたり、訪問看護は必要ですか?

A 必ずしも必要ありませんが、訪問看護の有無で夜間連絡先が変わります。
  ①訪問看護を御利用される場合
   夜間休日の連絡先は訪問看護を第一として下さい。
  ②訪問看護を利用されない場合
   かかりつけ医の先生の連絡先を第一として下さい。
  由仁町立診療所と連携実績のある訪問看護ステーションは下表となります。

Q 必要時の入院先はどのようになっていますか?

A 由仁町立診療所であれば、レスパイト入院、緊急入院の受け入れが可能です。
  尚、当院入院後に、最寄りの医療機関への転院も相談も可能です。
  ※レスパイト入院: 介護者の日々の疲れ、冠婚葬祭、旅行などの事情により、一時的に在宅介護が困難となる場合に期間を設けて入院  することを指します。

Q 在宅医療サポート事業を利用するにあたり費用はかかりますか?

A 依頼のみであれば費用はかかりません。
  往診を行なった時は、国の定める診療報酬(往診料等+検査代金)がかかります。
  後日、当院より各ご家庭に請求させていただきます。
  往診料等の目安
   ※平日時間内(1000円)、時間外(3000~4000円程度):1割負担の場合

Q 連携手順の実際について教えて下さい

A 個別に対応致しますが、概ね下記の手順となります。

  1、主治医の先生より患者さんに在宅医療サポート事業につきご説明下さい
    ※よろしければ本パンフレットを患者様にお渡し下さい
  2、主治医の先生より当院相談センターにご連絡下さい。
    相談員より電話、メールなどにて情報提供を承ります。
  3、主治医の先生より必要に応じて診療情報の引き継ぎをお願い致します。
  4、副主治医では主治医の先生や訪問看護からの連絡をうけ往診を行います。

  ※本事業は患者・家族から当院への直接の相談は想定しておりません
  ※訪問看護師および主治医の先生からの相談・往診依頼をお願いしております

在宅医療サポート事業のパンフレット

パンフレットのPDFファイルは以下となります。患者様への説明などに印刷してご利用下さい。

空知南部在宅医療サポート事業のご案内

空知南部在宅医療サポート事業チラシ