訪問診療 

訪問診療のご案内

 当院は2018年より訪問診療をはじめました。現在、由仁・栗山・長沼の周辺3町の利用者さんに24時間体制の在宅医療を提供しております。当地域は、高齢化率が高く・お一人暮らしや老老世帯の方も多い現状がありますが、他の介護サービスと連携を行いながら、少しでも安心してお住まいで暮らし続けられるよう、在宅療養をサポートしてまいります。
 当地域は都市部に比べて介護資源が充足されていない地域ではありますが、当院の強みは、救急告示の有床診療所であること、併設老健があることです。在宅療養一本で肩肘を貼らずに、要所要所で入院・施設サービスを利用しながら、在宅・入院のハイブリットの療養を提案することができます。もちろん、ご希望があれば、たとえ独居だとしても、最期の日までご自宅で過ごされることも応援致します。

施設基準:機能強化型在宅療養支援診療所(単独型)、在宅緩和ケア充実診療所加算

訪問診療のご相談は、医療福祉相談センター(0123-83-3701)までお願い致します

訪問診療対象地域

対応可能な医療

緩和医療や在宅酸素、中心静脈栄養を始め、関節注射、褥瘡、PEG交換、人工呼吸器等、在宅療養に求められること全てに対して、個別に検討いたします。
PCAポンプ対応可能です。(院内常備デバイス CADD-Legacy1台, テルモTE-361 2台)
この他、必要デバイスはレンタルで手配致します。

在宅医療の指標(2020年2月集計)

よくあるご質問

Q 訪問診療依頼にあたり、外来受診の必要性はありますか?

A 必ずしも必要ありません。
  来院が難しければ、相談員が自宅・病院へ御説明に伺います。

Q 訪問診療依頼にあたり、訪問看護は必要ですか?

A 病状が不安定(終末期など)な患者様は利用が望ましいと考えますが、同意が得られなければ訪問診療のみでも結構です。
  尚、当院の訪問看護ステーションとの連携実績は下表となります。(下記以外の事業所とも連携可能です)

Q 必要時の入院先はどのようになっていますか?

A 個別に対応させていただきます。例えば、自宅から近い医療機関での入院を希望されている場合は、当院より希望の医療機関へ入院時の受け入れ依頼を行います。尚、由仁町立診療所ではレスパイト入院、緊急入院の受け入れは可能です。
 ※レスパイト入院: 介護者の日々の疲れ、冠婚葬祭、旅行などの事情により、一時的に在宅介護が困難となる場合に期間を設けて入院することを指します。

Q (入院中の方へ)在宅療養か施設入所で迷われている状態での訪問診療や転院依頼は可能ですか?

A はい、可能です。当院は老人保健施設併設の有床診療所です。今後の療養の方向性が定まっていなくても、当院に転院して頂いた後に、こちらで今後の療養方針をご本人、御家族様と検討することもできます。まずはご相談ください。

訪問診療パンフレット

パンフレットのPDFファイルは以下となります。患者様への説明などに印刷してご利用下さい。

訪問診療・訪問リハビリのご案内2020