講義「地域医療と介護の連携」を行いました

栗山町の北海道介護福祉学校において、島田啓志医長が「地域医療と介護の連携」について、講義を行いました。
栗山周辺地域の在宅医療の現状を伝え、これからますます地域に介護職が必要になる。医療と介護が連携して、介護が必要な方に関わることが、とても重要だと話しました。
地域で在宅医療を受けながら暮らす事例を紹介し、医療と介護がサポートし合い、最期までその方らしい生活を支えた連携の実際や、高齢者等の療養の場にある課題などにも触れました。
学生の皆さんはとても熱心に聴いていました。
将来、一緒に働くことができる方がいると、とても嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です