多職種による事例検討を行いました。

岩見沢の地域生活支援センターあ~ちの地域づくりコーディネーターの渡部氏を招き、
事例検討を行いました。
ケアマネジャーはじめ、事例を担当している医師や関係者17名が集まりました。
進行の渡部氏は自分の専門領域だけでない、違う視点から検討することで
新たな道筋が見えてくる、 自分一人で考えるのではなく複数の人々が一緒に
考えることにより総合的で適切な判断ができる、 一人で抱え込み燃え尽きてしまうこと
を予防できることなどを目的とした手法を用い、 参加者からの意見や情報をどんどん
ホワイトボードに書き込み、 ご本人の思いや生活状況を明らかにして行きました。
1時間をこえた検討は、明日からの希望を感じることができた大変有意義な
時間となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です